Knock Knock Knock

プロフィール

すぬぴぃ

Author:すぬぴぃ


D-ROCK仲間であるYさんによるラジオレポを紹介しています。

音ログ

オトフレーム

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

D-ROCK STATION 第23回

どうも、三浦大知です。
ま、ちょっと前になるんですが、三浦大知はなんと、8月24日に、バースデイを迎えてですね、ついに、19歳になってしまいました。 あの、番組を聴いてくれてるみんなからも誕生日おめでとうっていうメールがたくさん届いてですね、あの、メチャメチャ嬉しかったです。全部ちゃんと見させていただきました。ありがとうございます!

なんか、18歳になって、20歳まであと2年しかないって、この前まで言ってたのに、いつの間にか、あと1年になって、嬉しいのか悲しいのか、ちょっと複雑な気持ちなんですけど、まあ19歳になって、いい意味で18歳の時より余裕がないっていうか、いい意味で、アーティスト三浦大知というものに対して、いろいろ形にしないとまずいなって、いいプレッシャーというか、成長のために必要な焦りみたいなものが出てきているので、それをちょっとうまく活用して、ちゃんと歌い手三浦大知として、成長できる、そんな19歳にしたいな、と思っています。
ので、皆さん、これからもぜひ三浦大知をよろしくお願いします。

そして、今週は1曲目、キヌシキブさん、そしてリサさんからもリクエストいただいたんですが、三浦大知の原点ということで、この曲をかけたいと思います。
Folder で、「パラシューター」  ~♪
THE EARTH



いやー、声がメチャメチャ高いです。これが、9歳の時の三浦大知でした。(笑)

9年前、今年の8月1日で9年になったんですが、Folder というグループでデビューした時の、デビュー曲ですね。 あーもう、メチャメチャ久々に聞きました。
超なつかしいですね。声がキンキンに高くて、宇宙人みたいな歌声ですけど、(笑) 久々に聞いてテンション上がりました。

はい、そういうわけで、三浦大知も19歳を迎えて、まだまだ20歳、21歳と歌い続けていこうと思っているんですが、僕は、学生の時にずっと誕生日が夏休み中で、祝ってもらったことがなかったんですが、今年は友達が「パーティやるから」って誘ってくれて、メチャメチャ手作り感満載の、友達の家でパーティをしたんですけど。

なんか折り紙とかで、首のネックレス作ってくれて、その先に、折り紙100枚とかの中に、1枚ずつしかない金色と銀色を使って、「D」って書いてくれて、王冠みたいなマークも全部折り紙で作って、そう、折り紙版のD-ROCK ペンダントを作ってくれて、それで「おめでとう!」って掛けてくれて、すごい友情というか、かなり愛を感じました。そんな、アットホームな、あったかいパーティをしてもらって、思い出になりました。

あと、8月ね、19日に恵比寿リキッドルームでライブをしたんですけど、そのライブの一番最後ですよ、みんなで、パーンって終わって、みんなで「ありがとうございました」って言おうと思って、ギターとパーカッションの担当だった方々を呼び込んだら、なんかケーキとかをですね、急に一緒に持ってきてくれてですね、もう全く知らなかったんですけど、サプライズで。 で、みんなで「Happy Birthday ~♪」とかって歌ってくれて、もうこれはホントに感動しました。

最初、「じゃあ入って来てくださーい!」とかって呼んだら、全然出てこないから、何だよ、もう~~、段取り悪いなーーとか、(笑) 正直、なんでもう、スッと出て来てくれない、最後なのに、なんでこんなにグダグダなんだろうって思ったら、裏でロウソクに火をつけるのに手間取ったらしくて、そしたら何かもう・・・・ちょっと、泣きそうでしたね。

みんなが歌ってくれるっていう、ちょっとウルって来て、・・・でも、泣かない。(笑) そこはやっぱり、小さい時から男は泣かないっていう教えを、ずっとそれで教えられてきたので、(笑) もうずっと泣くのはガマンしてたんですけど、あれはホントに感動して、ウルっとしちゃいましたね。

でもホント、ライブに来てくださった方もそうだし、こうやってこの番組にメールをくれた方とか、あとプレゼントとかお手紙とかもたくさんいただいたので、もうホントに感謝してます、ありがとうございます。また、こうやって皆さんが祝ってくれた分、19歳でシッカリ、人としてもそうだし、ちゃんとね、三浦大知っていうアーティストをもっと、形作って、ちゃんとした力強いね、人間的な歌が歌えるようになれればいいなって思ってるので、まだまだよろしくお願いします。

そんな大人に近づいたD-ROCK なんですが、1曲目は僕が Folderとしてデビューした時の、「パラシューター」、そして2曲目は、三浦大知としてデビューした、この曲を聞いて下さい。 
三浦大知で、「Keep It Goin' On」  ~♪
Keep It Goin’On(DVD付)


メールを紹介したいと思います。Mさんからいただきました。
「この夏、大知くんはどこかドライブに行きましたか? 私は、とあるイベント見たさに、約300Km 離れたとなりのとなりの県まで、一人で運転して出かけ、約4時間のライブの後、ちょっとだけ休憩して、また300Km はなれたとなりの県に行き、またまた別のイベントを見て、その後、200Km 高速を運転して自宅に帰るという、足掛け2日間のちょっと無謀なドライブをしてきました。」  でも、これ楽しそうですよね。ものすごく夏の思い出になる感じで。 「今まで、交代しながら、そのくらいの距離を走ってことあったんですが、今回は運転者私ひとりで、宿泊せずに800Km という走行距離で、無謀だったんですが、イベントも楽しかったし、日本海の朝日もきれいだったし、朝、地元のおばちゃん達でにぎわう温泉に入ったり、一緒に行った娘といい思い出になり、たまには冒険もありかなって思います。 大知くんの夏の思い出は何ですか?」

メチャメチャいい思い出ですよねー。免許があると、こういうことができますよね。一人で思い立った時に、海行ってみようかなーとか、ちょっとドライブしてみようかなって、いいですよね。

今年は、海にドライブは結構行きました。寒い時から行きました。あの、運転したくてしたくてしようがなくて、やっぱり海岸沿いを走るっていうのは、夢っていうか、「Be Shining」とか自分の曲や、あと好きな曲とかミックスしたのを1枚のCDにして、かけながら走るっていうのを、ものすごく免許を取る前からしたかったので、それをしたりとか、あと友達と江ノ島の方を走ったりとかして遊んで帰ってくるとか、結構しましたね。

で、僕がものすごく覚えているのは、家に友達が泊まりに来て、朝方までずっとしゃべっていて、なんかしんないけど、僕の親友がものすごく無謀なことを言うヤツで、「お、時間も時間だし、自転車で江ノ島行こうよ」って言い出して、
「いやいやいや、無理でしょう、こんな時間から行ってもおもしろくないよ」って言っても、
「いや、大丈夫」って。(笑)  その親友に「大丈夫」って言われると、僕もなんか行ける気がして、3人だったんですけど、ついつい、自転車で朝5時とかに、こいで2時間とか3時間とかこぎっぱなしで、向こうについたんです、8時くらいに。

で、「海だー!!」とか言って、とりあえず、あの江ノ島の展望台に行って、上るんですけど、まだ朝早すぎて、お店がいっこも開いてないんですよ! だから、全然おもしろくなくて、(笑) 眠いし。で、帰る頃、9時くらいにやっとお店とか開き始めたんだけど、「もう眠い、もう帰ろう」って言うんだけど、自転車なんで、もうフラフラなりながら、友達とか壁とかに激突しながら、「やばい、寝てたぁー」とか言って、もうずっと、また3時間かけて家に帰って来たという。

それはもう、本当に、今考えたら、すごい思い出ですけど、絶対もう、一生行きたくない! (笑) 自転車でどっか、とかって、もうちょっと、免許取ったから、さらにイヤになりましたね。
ま、今でも友達と話してて、それは良い思い出ですけどね。

そしてMさんからいただきました。
「ライブDVDを見てて思ったんですが、結構客席が鮮明に見えますよね。大知くんはどこあたりまで見えてますか? あと、どこらへんをよく見ますか?できれば、教えてください。」

これはですね、結構、意外と見えないんですよ。それは何でかっていうと、ライトが目に直接あたっているんで、その分、真っ暗になってて、見えるのはホント前2、3列目くらいまでしか、鮮明には見えなくて、でも前の方ばっかり見て歌うっていうのも、ずっと下向いちゃうんで、だから結構、もちろんお客さんがいるのはわかるんですが、思ってるより暗闇なんですよね。
意外とみんなの顔が見えない、それが残念なんですけど。

他のアーティストさんの時とかでも、「お客さんどんだけ来てるのー」とかって、お客さんの方にライトを当てたりとかしたりするんですよ。
結構いつもは暗闇なので、もっとお客さんの顔が見えたらいいなーって毎回思うんですけど。 
しっかり皆さん一人ひとりに届くように歌が、これからも歌えればいいな、と思います。

っていうわけで、3曲目は、僕が歌った中では一番新しい、Ajapai featuring 三浦大知で、「声をかさねて…」  ~♪
声をかさねて


そろそろお別れの時間です。
今週は、僕が8月の24日に誕生日を迎えて、19歳になったということで、これからもね、ちゃんとみんなの心に届くような、歌をどんどん歌っていきたいと思うし、今やりたい事とかね、歌に対しても、克服したい部分とか、たくさんあるので、今ですね、ノートにそういうのを書き出したりとかして、それをひとつひとつ、19歳で形にしていきたいなって思っているので、皆さんぜひこれからも、三浦大知のこと、よろしくお願いします。

それでは、また来週、お相手は三浦大知でした。バイバイ☆

(エンディング  17ways )
D-ROCK with U (DVD付)


Repo by Ysan* Thanks!!
スポンサーサイト
2006.09.06[Wed] Post 01:54  CO:0  TB:-  三浦大知@ラジオ  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 


Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。