Knock Knock Knock

プロフィール

すぬぴぃ

Author:すぬぴぃ


D-ROCK仲間であるYさんによるラジオレポを紹介しています。

音ログ

オトフレーム

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

D-ROCK STATION 第15回

どうも、三浦大知です!今週もスタートしました、 D-ROCK STATION!
で、最近はですね、結構僕も人から紹介してもらったアーティストとかで 今日も流そうと思ってるんですが、そういうアーティストが増えてきて、 結構たまってたりするので、これから、回を重ねるごとにどんどん紹介していくと思うし、その紹介したやつもHPの方でどんどん紹介するので、そちらもぜひチェックしてもらいたいなーと思っています。

さっそく、メールを1枚読みたいと思います。 Rさんからいただきました。ありがとうございます。
「私は今年大学受験を終えて、無事希望の大学に入ることができました。」 おー、おめでとうございます。 「受験の追い込みで、どれだけ大知くんのアルバムに助けられたことか。最近でもDVDを見まくっています。その中でも大好きな17 Waysをリクエストしたいです。」  ということで、ありがとうございます。
なんか、こうやっていつもメッセージとかもらって、本当にこう、「大知くんの歌に助けられました」とかすごい言ってもらって、僕も今、ライブをずっとコンスタントにやっててですね、 その中でもやっぱりみんなのファンレターとか、そういうみんなの言葉に
かなり僕もですね、背中を押されたり、支えられている部分が沢山あるので、もう僕もいつも感謝しています。本当に皆さん、こういうメッセージとかね、かなり、こう、胸にしみてるので、どんどん送ってきてもらえるとすごく嬉しいなと思っています。
それでは聴いてください。三浦大知で「17 Ways」 ~
D-ROCK with U (DVD付)


三浦大知がお送りしています、D-ROCK STATION! 改めまして三浦大知です。
まぁ、今回は「17 Ways」からしっとりと始まりましたが、もう今月からですね、僕もライブ、マンスリーでというか、月に1回というペースでライブをやってまして、「D-ROCK JAM supported by dwango」というライブが始まってるんですが、そのライブも始まって、7月もね、早くも中旬と、前回かな?前々回かな? もうちょっとで2006年が半分終わっちゃうよとか言ってたのにもかかわらず、もう半年以上過ぎているということで、ちょっともう、なんか、18歳からの時間が早い!(笑) もうなんか、すぐ20歳になる気がして、ちょっと、1日1日充実した日々をね、過ごさないとちょっともったいないなーとすごく思ってるんですけど、皆さんもね、充実した日々を送れているでしょうか?

この時期になってくるとやっぱり、夏休み直前ってことで、学生時代はもうこの頃はかなりテンションが上がっている時期だったと僕も思うんですけど、夏休みに近づくにつれて、やっぱその前に、期末テストとかね、あったりするじゃないですか。 僕もねー、もうテスト勉強だけは本当しなくて、もう次の日の試験のだけをもう前日にやって 、もうその日の分だけ勉強するみたいなスタンスでずっとやってて、(笑)なんとか、こうクリアしてきたんですけど。
でも、僕、中学の時バレーボールやってて、で、部活の休みっていうのがテスト休みしかなかったんですよね。テスト休みしかなかったんで、そのテスト休みは遊ぶための休みなんですよ。(笑)そのテスト休みを使って、勉強会とか言って、友達の家で遊んで(笑)、っていうのをもうずっと繰り返してたんで、テスト休みにテスト勉強するとかっていうのはありえなかったですね。

友達もなんか、英語のテストで、全部の欄に "I love you." って書いて全部間違うとか(笑)あとはなんか、「埴輪」っていうのが出るっていう情報をどこかでゲットして来て、カッコに(はにわ)(はにわ)って、いっぱい書いて、それだけ合ってるやつとか、いましたね。1個だけ○みたいな・・・(笑)

もう、本当でもテストはねー、僕も全然やんなかったし、勉強とかも、本当に、なんかパッと見、頭良さそうに、僕たまに見られたりするんですけど、全然真面目じゃなかったのはすごく覚えてますねー。あとやっぱり、夏休みにね、入ったら、沖縄出身の僕としては、やっぱ夏は海に行きたいなーとすごく思っていて、皆さんもね、ぜひ海に行って欲しいと思うし、その夏の風物詩っていうのはみんなで楽しめるものだからすごくいいと思うし、海に行くために学生の皆さんはね、まずはテストを、僕が言っても全然説得力ないんですけど(笑) まずはテストをね、頑張ってから、気持ちよく夏休みを遊べるという状態にするといいんじゃないかなーと思うので、皆さん頑張ってみてください。

というわけで、さっそくここでもう1曲流したいなーと思うんですが、この曲はですね、僕も噂ではずっと聞いていたんですが、
僕も最近知ってですね、アリシア・キーズの「カルマ」っていう曲があって、そのボーカルと、スティーヴィー・ワンダーの「Superstition」という曲のトラックが噛み合って、そのリミックスというかですね、そういう感じで曲があって、で、聴いたらめちゃめちゃかっこよかったので、これを皆さんに聴いてもらいたいなーと思うので、聴いてください!アリシア・キーズとスティーヴィー・ワンダーで「Karmastition」~

三浦大知がお送りしています、D-ROCK STATION! ここで番組に届いたメールをご紹介させていただきます。
まず1つ目、Uさんからいただきました。「最近、めちゃめちゃ暑くなってきて、いよいよ夏間近って感じですね。ところで夏といえば、お祭り。お祭りといえば、カキ氷ですが、私は子どもの頃、母親にカキ氷はメロン味とか食べると舌が緑色になるから、イチゴ味しか食べちゃいけないと言われていました。なのでいつも、ついイチゴ味を選んでしまいます。大知くんはカキ氷、何味が好きですか?」
そうですねー。カキ氷、何味が好きなんだろ?お祭りとかで出てるやつって、イチゴ、メロン、あとブルーハワイとか、ああいうのじゃないですか。 やっぱ、僕ね(笑)、やっぱこれもね、オヤジくさいんですけど、やっぱ宇治金時とかね、なんかちょっとね、小豆が乗ってて、モチがのってるみたいな、ああいう抹茶白玉みたいな、やっぱちょっと、温かいお茶とみたいな(笑) オヤジくさいですが、そういうのがやっぱ好きですね。

あとね、あのね、これ沖縄にしかないのか分かんないですけど、氷ぜんざいっていうのがあって、ぜんざいなんですけど、カキ氷の上に、ちょっとぜんざいみたいなのが、のってるみたいな感じの、こう練乳とかがかかってて、氷ぜんざいってのがあるんですよ。でね、それがめちゃめちゃウマくて、それが、僕がダンスとか向こうでスクールに通ってた時に、いつも暑い日とかは電話して、スクールに送ってもらったり、そのお店まで買いに行ったりとかしていっつも食べてたんですけど、やっぱ夏になるとカキ氷ももちろんそうなんですけど、その氷ぜんざいっていうのがね、すごいこう思い出してですね、やっぱ沖縄に、親の実家の沖永良部島に帰る時とかに経由したりすると、いつもその沖縄では氷ぜんざいを食べたりするんですけど、これ、皆さん食べてみてもらいたいなと思います。沖縄にしかないのかちょっと分かんないですけど、これは空港にも売ってるし、ボックスみたいなのに入って置いてあったりするんで、ぜひ見かけたら食べてみて欲しいなーと思います。
なんか食べ物の話ばっかりですね、この番組(笑)

えー、続きまして、Bさんからいたきました。
「以前にD-ROCK Diaryで作ってたちっちゃい鶴、見ましたよ。大知くん、指先器用なんですね。私も負けじと作りました。1cmx1cmの紙で鶴を折りましたよ。指がつるかと思いました。大知くんも是非チャレンジしてみてください。途中であきらめちゃダメですよ。」
そう、僕がD-ROCK Diaryっていう日記をやっていて、そこでですね、一時期、鶴がすごい学校で流行った時があって、あー、だから結局は、授業を聞いてないから暇つぶしなんですけど(笑)、ノートの端とかを、でも3cmとか2cmくらいですかね?ちっちゃく切って、
それで鶴を折ってて、この前もレコーディングのスタジオで待ってる時にですね、鶴を折って、それを日記に載せたんですよね。Bさん、1cm1cmって僕より全然すごいですね。1cmって相当ですよね。めちゃめちゃちっちゃいから、完成したら3mmくらいかな?4mmくらい?でも半分にはなりますよね、絶対にね。すっごいですね。これ写真送って欲しいくらいですよね。どんだけちっちゃくなるんだろうみたいな。 ちょっと、これはじゃあちょっと僕も、1cmちゃんと測ってチャレンジしてみたいと思います。

そして次、Hさんからいただきました。
「実は今、うちのPCが壊れかけていて、買い換えようと思ってるんですが、windowsにしようかMacにしようか、デスクトップにしようかノートにしようか、この2点を迷っています。Keep It Goin’OnのDVDでは大知くんはMacのノートを使っていましたが、今も同じですか?何がいいかオススメがあれば教えてください。」
ということで、僕はですね、MacのG4っていうノートパソコンを使ってるんですけど、Keep It Goin’Onのメイキングかなんかの時にそのパソコンがちらっと映ってですね、多分それを見て、HさんがMacのノートを使ってましたよねって言ってくれてるんですけど、僕のはまだ壊れてないですね。で、そのパソコンに入ったのもMacから入ったので、僕はwindowsってものを全く知らないんですよね。だから、そのwindowsのどこが良くて、Macはこういうのがいいよとか言えればいいんですけど、あんまり詳しくないので、そうですね、でもー、僕がなんでMacを選んだかって言うと、やっぱり音楽の面で、スタジオとかってMacが多いんですよ。で、いつか僕が曲、もしくは詞とかを書き始めたり、自分で打ち込みでトラックを作ったりするようになった時に、スタジオとちゃんとやりとりができるようにっていうことで、僕はMacを選んで買ったんですけど、でも、僕は結構Macのデザインとかって、すごいかわいいし、で、最近また新しいのが出たんですよね? 新しいのが出て、それもそんなに高くないみたいで、色も白と黒といろいろ出てて、そのデザイン的には僕もすごい好きなので、あの1回そのMacのストアとかにもね、足を運んでみると、結構デザインがね、面白いというか、うん、結構気に入ってもらえるんじゃないかって、男の人もそうだけど、女の人とかも結構気に入ってもらえるんじゃないかなと思うので、ぜひMacの方もね、ちょっと見てみて欲しいなと思います。

そして、もう1通、Nさんからいただきました。「いきなりですが質問です。大知くんはFolder時代、生意気だったって本当ですか? 私が小さい頃聞いたウワサなのでよく分かりませんが、ずっと気になっていたので、質問しちゃいました。答えていただけたら嬉しいです。」
(笑) 生意気だったって本当ですかっていうメールが来てるんですけど、・・・生意気じゃないと思いますけどね、これ、どっから聞いたんですかね? これ、是非、昔僕がFolder時代の時の情報、ご存知の方は、僕も知りたいので、ちょっと送って来てください。ぜひ、お願いします。(笑)

というわけで、他にもね、沢山のメールが届いています。全てを紹介できなくて本当すみません。これからもですね、皆さんからのいろんなメッセージ待っているので、どんどんメールを送ってきてください。
ということで、ここでもう1曲、聴いていただきたいと思います。次にかけようと思ってるのは、これも最近、人から薦めてもらって、僕も最近だとかなりヒットだったんですけど、女性のアーティストの方で、これを皆さんに聴いてもらいたいと思います。それでは聴いてください。コリーヌ・ベイリーレイで「Like A Star」 ~
コリーヌ・ベイリー・レイ


そろそろお別れの時間です。今週も楽しんでいただけたでしょうか?今回みたいにね、僕も噂で聴いた曲だったりとかですね、たくさんレアなトラックもどんどんかけていきたいと思うので、チェックしてみてください。
D-ROCK STATION、ここまでのお相手は三浦大知でした。バイバイ☆

Repo by Ysan* Thanks!!
スポンサーサイト
2006.07.21[Fri] Post 03:18  CO:0  TB:-  三浦大知@ラジオ  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 


Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。