Knock Knock Knock

プロフィール

すぬぴぃ

Author:すぬぴぃ


D-ROCK仲間であるYさんによるラジオレポを紹介しています。

音ログ

オトフレーム

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

D-ROCK STATION 第35回

どうも、三浦大知です。
今日の放送は僕が7月からやってきたマンスリーライブ D-ROCK JAM の特集としてお送りしたいと思います。
皆さんから届いている感想、メールとかも紹介しながら、当日のライブの音源もオンエアしながら、ライブの雰囲気を感じ取ってもらえたらいいなって思ってます!

で、今週の一曲目、僕が8月9月の D-ROCK JAM のライブでカバーした曲です。
それでは聞いて下さい、Aswad で、「Shine」 ~♪
RISE AND SHINE



「東京から来ました、サトノです。今日は秋っぽい大人な大知を見れて、すごくかっこよかったです。これからも頑張ってください」

「東京から来ました、エリカです。今日はまた新しい大知くんが見れて、とても良かったです。次回も期待してます」

「はい、東京から来ました、ユミーゴです。今日のライブはいつもよりちょっと大人な大知くんが見れて、また最高でした。あの、お疲れ様でした。今日もすっごく良かったです!」

「神戸から来ました、ミンチです。(笑) 今日のライブは最高でしたーー!!」

「東京から来た、マイマイです。今日のライブはファルセットやダンスがセクシーでしたぁ!」

「京都から来ました、エリカです。今日のライブは、毎回ライブを見るたびすごい成長してるのがわかって、前、『ファルセットができるようになりたい』って言ってた頃よりもスゴク上達して、出るようになっていたので、毎回すごい驚かされるライブです。今日は私もすごい楽しめました!」

「東京から来ました、エリコです。今日のライブは新曲がすごく踊れる2曲で、超良かったです。これから大知くんには、もっとどんどん踊れる曲を作ってもらって、すごいかっこいい振り付けを自分でして、見せてほしいです」

「福岡から来ました、フルタミサコです。今日ライブは初めて来たんですけど、もう生がすごいカッコ良くて、新曲とかも全部良かったです。これからも頑張ってください」

「えっと、福岡から来ました、ハシムラリサです。今日のライブはこの間5月にも来たんですけど、それよりももっと大人っぽくなってて、新曲とかも出て、もうなんか Folder の頃からすごい好きだったんですけど、大人になったなーってすごい思いました。また新しいCDもすごい期待してます。また来ます!」

・・・はい、というわけで、今聞いていただいたのはですね、10月27日におこなわれたリキッドルーム恵比寿ライブ終了後に、この番組のスタッフがお客さんから録音させてもらったライブの感想のコメントだったんですが、たくさんの協力をありがとうございました!

ものすごい、こんなにいっぱい、感想をみんな言ってくれてると思うと、なんかスゴクありがたいなーって思います。あの、ホントになんか、今皆さんも言ってくれてたんですけど、前回の D-ROCK JAM は大人な、ちょっと秋っぽい感じでやろうっていうのがテーマだったんで、それがちゃんと皆さんに伝わっていたっていうのがスゴク嬉しくてですね、まあこれからも、どんどんどんどんテーマを決めていきながらも、新しい三浦大知を見せていきたいと思うので、これからも三浦大知をよろしくお願いします!

それでですね、こんないろいろな感想をいただいた、前回の D-ROCK JAM から1曲、ライブ音源をかけたいと思います! 
それでは聞いて下さい、 「Open Your Heart」  ~♪
D-ROCK with U (DVD付)


三浦大知がお送りしています、D-ROCK STATION!
さきほどはですね、ライブが終わった直後に声で皆さんに感想をいただいていたんですが、こっからはね、みなさんからライブの感想のメールもガンガン届いているので、紹介していきたいと思います!

まずは神戸のYさんからいただきました。
「恵比寿行ってきました! スーツ姿で大人な大知くん、黒スーツのワインレッドな裏地がおしゃれでしたね。
実は先週くらいから、『 Be Shining が聞きたいよ~っ 』て、無性に思っていたので、1曲目のイントロが流れた瞬間、マジ飛び跳ねて喜びました!

歌詞完全自作の『 君だけに 』良かったです。大知くんの声に合ってるって感じがしました。あとジャズファンク、やっぱりいいねー。ダンスに見とれるってスゴイことですよね。
『Free Style』 から、『声をかさねて…』の流れがやばかったです。なんか感動っていうか、歓喜っていうか、なんともいえない気持ちになりました」

そうなんですよね、今回はスーツ姿で、あの、新庄さんみたいにトイレのマーク的なね、こう逆三角形みたいなスラーっと足まで細いスーツで、初めてズボンがパツパツになってるスーツを着て、靴も先がとがっているようなのを初めて履いたんですけど、ああいうのにちょっとずつ慣れていくっていうのもなんか、大人になっていってる気がして、自分の中でも着ててすごく気持ちよかったっていうか、お、これでちょっとまた違う三浦大知になれるんじゃないかなって思いながら、衣装も選んで、すごく楽しかったのは覚えてますねー。

踊りにくいなーっていうのはあるんですけど、それはライブの1回前くらいのリハとかで着て、でそれでドレスリハーサルみたくちょっと1回着て、リハーサルするっていうのはやって、で、そういうとこからちょっとずつスーツに慣れて、今回はスーツでそんなに踊るとこはなかったんですが、だんだんそういう細いスーツでも、マイケル・ジャクソンみたいにね、かっこよく踊れたりとか、今回 Justin もスーツだったりするんで、スーツでもばっちりカッコ良く踊るっていうね、それもこれからどんどんやってみたいなと思っています。

そして、Mさんからいただきました。ありがとうございます。
「行ってきました! 27日の恵比寿! 白い衣装を身にまとった大人な大知くんにトキメキまくりです。
新曲もセクシーでしたね!大人な私でも、ちょっと真っ赤になりそう~~。
そしてサポートメンバーの方達のはけ方、登場の仕方がだんだんバージョンアップしてきて、楽しいです!

ダンスコーナーはもう、たまらないですね! 我を忘れて、大知コールしてました。自分では大知くんのように美しく動けないってわかっていても、体が動いちゃうんです。そんな衝動を起こさせるんですよ! かっこいいー!
一度ステージを見たら、病み付きですね」ってことで、Mさんからメールいただきました、ありがとうございます。

今回は新曲をね、「Hey! Girl」っていう曲と、「I Like Sexy」っていう、またちょっと両方とも大人な曲だったんですけど。
結構ね、これはレコーディングする時も、「ちょっと歌詞できたから見てよ」とか言って見してもらった時に、これをいったいどうやって歌えばいいんだ・・・みたいな、ちょっとかなり過激で。

でも、その「I Like Sexy」って曲が、結構歌詞が過激なんですけど、それはもうもともと J Que が、Free Syle のメロディラインも考えてくれてる J Que が、結構英語でその場でペラペラしゃべりながら、メロディを作って歌ってるんですけど、その内容自体が、結構エロかったらしくて、それをやっぱりそのまま曲のイメージ的にも、そっちの方がかっこいいなと。

で、三浦大知、今まではさわやかな感じな曲が多かったから、ちょっと今回、スーツも着るし、ビシッと大人な三浦大知も見せてみようということでですね、この2曲、チャレンジしたんですけど、それが意外と、まわりの皆さんにも好評で、なんかそういう曲もどんどんこれからやっていけると、また新しい扉が開くんじゃないかなと思うので、そういうところも、これからチェックしてもらうと嬉しいですね。

今回、10月と11月のライブに関しては、大人な三浦大知ということがテーマだったんですが、またね、12月のライブの方では、また大人な三浦大知もありながら、・・・あー、まだ言えないなーー!(笑) でもね、またね、いままでのライブの集大成というよりかは、集大成は集大成なんだけど、また違う三浦大知が見せれるんじゃないかと思っているので、これからも皆さんぜひライブの方に足をはこんでみてください。

というわけで、他にもたくさん感想メールが届いています。皆さんありがとうございます。今後もメッセージは随時受け付け中です!
メールは番組のメールフォームから送ってきてください。アドレスはwww.jfn.co.jp/d-rock です。
僕への質問、身近な話題、曲のリクエストなど、何でもOkです。

皆さん何かしながら気軽に送ってきてください。「~をしつつ、メールしてますよ」っていう、【つつメール】だったり、新コーナーの方のメールも待っているので(注:新コーナーについては第31回のレポをご覧ください)、皆さんガンガンメール送ってきてください!

ではもう1曲聞いてもらいたいと思います。これは最近はかけてなかったんですが、ちょっと切ない曲です。 三浦大知で、「銀の涙」 ~♪
No Limit


三浦大知がお送りしてきました、D=ROCK STATION! そろそろお別れの時間です。
最後に僕からのお知らせです。
次回のライブが、さっきもちょろっと話しましたが、決定しています!
日時は、12月17日日曜日、会場は渋谷AXで、まさにこの D-ROCK JAM の集大成といえるライブをやろうと思っています。
まあ時期も時期なんで、冬っぽいね、みんなで楽しめるパーティーにしたいなって思っているんで、皆さんぜひ遊びにきてください。
詳しくは僕の Official Home Page をご覧ください。
アドレスはwww.avexnet.or.jp/daichi です。
こちらを見ていただければ、ライブのこと、これからの三浦大知のこともガンガンわかっていくと思うので、チェックしてみてください。

ここまでのお相手は三浦大知でした。また来週、バイバイ☆

Repo by Ysan* Thanks!!
スポンサーサイト
2006.11.28[Tue] Post 01:59  CO:2  TB:-  三浦大知@ラジオ  Top▲

D-ROCK STATION 第34回

どうも三浦大知です。
今週はですね、コーラスグループ特集ということで、僕の大好きな BoyzⅡmen、K-CI とかをかけていきたいと思います。

で、1曲目はですね、この曲は最近知ったんですけど、曲自体は昔のものなんですが、知り合いの方にすすめてもらって最近はこの曲をものすごく聞いていて、実は僕はコーラスが苦手で。ハモりとかね。(笑) レコーディングとかしてても、すぐつられちゃうんですけど、もっとそういうとこも勉強していきたいなと思いつつ、今週みんなと一緒に聞きながら、僕自身も勉強していきたいと思ってます。

それでは今週の1曲目は、TAKE6 で「So Cool」 ~♪
So Cool


改めまして、三浦大知です。
秋そして冬ということで、気温もかなり寒くなってますが、最近ですね、まだ始めて全然なんですけど、作詞?とね、振り付けをね、今回チャレンジしてやったんですけど、作詞と振り付けをやってみて、やっぱり何かつくる、自分でちゃんとクリエイトするってことがものスゴクだいじなんだなーって気づいて、なんか作詞もそうだけどストーリーを自分の中で組み立てて、ほとんど妄想ですよねー。

こういうことがあったんだろうなーみたいな(笑)自分の中で仮想の人物を作りながら、昔の思い出とかね、いろんなことを組み立てながら、作詞したりだとか、ま、発表した曲以外でもどんどん作詞をしていこうかなって思っているし、振り付けの方でもね、今回自分の好きなスタイルで、ちょっとニュアンス、匂い的にはL.A.ぽいスタイルなんですけど、ジャズファンクとかね、そういう感じのジャンルを取り入れながら、振りを作ってみたんですが。

今回、意外とダンサーの方とかからの評判も良くて、「いやー、間奏のあそこの振りとか、すごいよー! いいよー!」とか言われて、それはすごく良かったなーって思って、これからもどんどん続けていきたいなって思ってるんですけど、この前、ダンスのイベントを見に行った時に、ダンサーでもね、あの、踊ってるんすけど、歌っている人がいる。

あの、そのダンスがものすごく歌っているように見える。音だけをとるんじゃなくて、歌をひろって、歌のテイクの、「あ~あ~あ~♪」ってところを、動きで表現したりする人とかいるんですよ。そういう人を見てると、やっぱり俺もダンスで歌っているような振りをつけていけたらいいなっていうのをものすごく思っていて、そういう作詞とか振り付けとか自分で作っていく、クリエイトしていくっていう部分を三浦大知としてはもっと掘り下げていきたいなと考えています。

秋なので、しっとりした詞や振り付けをしたいなっと思いつつ、次も大好きな曲をかけたいと思います。これもですねー、久々に聞いたんですけど、やっぱりいい曲でした。これはもうぜひみなさんに聞いてもらいたいと思います。
K-CI & JOJO で、「Girl」 ~♪
All My Life: Their Greatest Hits


ここからは皆さんから届いたメールを紹介していきたいと思います。
まずはひとつめ、山口のYさんからいただきました。

「今、まったりしつつ、メールを打っています。
前々からぜひ大知くんに聞いてみたかったことがあります。
私はお笑いも好きなんですが、大知くんはお笑いを見ますか?
それと、どの芸人さんが好きですか? 私の友達の間ではオリエンタルラジオが人気で、私はタカ&トシなどいろいろ好きですが、大地くんはどうですか?」
(注:お笑いさんがたくさん出てきますが、表示の仕方が違ってたらゴメンなさい。汗)

えーっとですねー、あげたらキリがないくらいお笑いが好きでですねー、最近だとオリエンタルラジオさん、タカ&トシさんとかね、もちろん好きだし、ハカタはなまるさんとかもね好きだし、あと意外とですね、コントと漫才の両方、もちろん好きなんですけど、昔だと「ごっつエエ感じ」とかね、ものすごい好きで見てましたねー。見てた記憶がうっすらとありますねー。

キャシー塚本とかね。(笑) しまうた料理学校のキャシー塚本とか、あと電磁波クラブ。横分け金蝿とかね。結構ねー、ここんとこご無沙汰みたいな。そういう、ああいう、作りこんだコントとか、そういうのも好きなんですけど、あの、あとは漫才。

コントはシチュエイションとか物を使ったりとか見た目のおもしろさとかあるんですが、漫才はそういうのでなく、しゃべりで人を笑わせるっていうのが職人芸だなって思いながらみてたりとか、あとは意外と「笑点」が好きです。結構「大喜利」的なものも好きで。

お笑いはもう大好きですねー。DVDもたくさん持ってます。
・・・だから、いろいろくだらないコーナーをやってみたいという。そういう世界にも飛び込んでみたいという気持ちがあって、やってるんですけど。
やっぱライブとかでもそうですけど、お笑いの部分をね、みんなで笑うっていう部分はやっぱりだいじだなーと、すごく思っています。

そして次、大阪のSさんからいただきました。
「録音していた D-ROCK STATION を聞きつつ、メールを打っています。
今さらな質問ですが、番組のオープニングで大知くんが毎回言うセリフがありますよね? その中の、『ブランドニューチューンをはじめ、オールドスクール、アンダーグラウンド、レアトラックまで』という部分がいつも謎です。

音楽のジャンルだと思うんですが、今度よかったら素人の私に音楽のジャンルについて詳しくおしえてください」

あー、たしかにこれはまあ、そうですね。えー、わかりづらいっちゃ、わかりづらいかもしれないですねー。僕自身、ジャンルっていうのには詳しくなくて、一応ブランニューチューンっていうのはですね、まあそのまま、brand new tune ということで、新曲、新しい新譜ですね。

あと、オールドスクールは結構王道、昔からある本当に王道な曲、そうですね、HipHop とかあとオールドスクール、これはダンスとかにもあったりするんですけど、HipHop のもととなったのがオールドスクールって言ったり、新しく出てきた物をニュースクールって言ったりするんですけど。なんかそういうのでも使ったりするし。

あとはアンダーグラウンド。これはねー、説明しづらいんですけど、まあ結構メジャーで流れている曲に対して、もっと音楽的というか、もっとコアというかですね、結構深いアーティストの方々のコアなダークな部分がつまったのが多いんじゃないかなと僕は思いますね、アンダーグラウンドっていうのは。 ちょっと説明しづらいですよね。

そしてレアトラックっていうのは、普通に rare なね、今までかけてきたアリシア・キーズの「カルマステーション」とか、紹介されないと普段は耳にしないような曲だったり、そう、未発表音源とかね、そういうものをどんどんどんどん、ひっくるめて、すべての音楽をかけていけたらいいなっていう意味で、毎回毎回、この番組のオープニングで言ってる感じですね。

えー、これ、わかりましたかねー、Sさん。
また「あの説明ではまだ不十分です」と(笑)かあったら、またメールもらえれば嬉しいなと思います。

これからもどんどんジャンルレスで昔の曲から、新しいものから 、いろんな音楽、音楽自体をね、掘り下げていけたらいいなって思っています。

ということで、たくさんメールが届いています。ありがとうございます。
そして次にかけるのはですね、このグループも僕は昔から大好きで、最初のきっかけはマネージャーさんから紹介してもらったグループなんですけど、最近も新しいアルバムとか出していて、この曲はライブでもカバーした曲なんで、「あっ、この曲だー!!」って気づく方もいると思います。
BoyzⅡMen で、「On Bended Knee」 ~♪
Evolucion


いやー、今週かけた曲はいつ聞いてもいいっすねー、やっぱり。名曲です。
これからもね、この3組は、まだまだいい曲いっぱいあるんで、ちょこちょこかけていくと思うんで、皆さん聞いたことのない方がぜひぜひチェックしてみてください。

そして、新コーナーの方もね、もうちょっと、形になるにはもうちょっとって感じなんで皆さんコーナーにもどんどんメール送ってきてください!

そして最後に僕からのお知らせです。
ライブが決定しています。これはですね、12月の17日、会場は渋谷のAXなんですけど、1年間、5月からなんですけど、続けてきた D-ROCK JAM FINAL というか、1年の締めという形で、感動して楽しめるようなライブにしたいなって思っているんで、皆さんぜひ遊びにきてください。
詳しくは僕の Official Home Page をご覧ください。
アドレスはwww.avexnet.or.jp/daichi です。

ここまでのお相手は三浦大知でした。また来週、バイバイ☆

Repo by Ysan* Thanks!!
2006.11.21[Tue] Post 02:47  CO:0  TB:-  三浦大知@ラジオ  Top▲

D-ROCK STATION 第33回

どうも、三浦大知です。
えー、今週もいろんな話をしていこうと思っているので、皆さん最後まで楽しんでってください!

なんか最近ですね、いろんな話を聞きまして。僕が最初こう、「安室奈美恵さんのアムラーみたいに、三浦大知、だいちゃーがね、増えるといいですね」って話を前の方の放送でしたんですけど、なんかですね、根強く、だいちゃーっていうのが広まってるらしくて、僕は詳しくは全然知らないんですけど、なんか、NO.100を超えたって話を最近聞いてですね、これ、ものすごく嬉しいなーって思って、これからもね、根強くどんどんどんどん、だいちゃーをね、広めてもらえたら嬉しいなと思っているので、皆さんぜひ「継続は力なり」ということで、続けてもらえたら嬉しいなーって思います。よろしくお願いします!

そして今週はですね、Stevie 特集、Stevie Wonder の特集をどんどんしていきたいなと。前にゴスペラーズの黒沢さんとかとですね、一緒に Stevie の曲を歌わせてもらったりとか、結構ボイトレの練習曲で歌ったりとかですね、僕自身もものすごく好きなアーティストで、正直1週でかけれる曲が3曲なんで、そこには全部は収まりきらないんですけど、今週は Stevie の魅力をどんどん流せていけたらなって思っています。

ではまず1曲目、Stevie Wonder で、「Superstition」 ~♪
Talking Book



改めまして、三浦大知です。
ということで、ついにこの番組でも、くだらないネタコーナーをやろうという話になってですね、いきなり3つのコーナーをスタートさせようということで、あの、皆さんに紹介したんですが。(注:詳細は31回のレポをご覧ください)

【Dネーム】、そして【飛べ、大将!】、そしてもうひとつ、【ザ・相談】というコーナーを立ち上げようと思っていてですね、期待してたんですけど、やっぱ、突然のスタートっていうことで、それが90%くらいあると思うんですけど、みんなこう、突然すぎてね、混乱しているのか、まだそれほど投稿は来ていないということなんで・・・(笑) で、【つつメール】の時もね、じわじわと来てたんで、あきらめず、これからもどんどん押していきたいなって思っているんですが。

ま、今回はそのコーナーを本格的にスタートさせるのは、ちょっとまだ難しそうなので、準備段階として、今のところタイトルが仮になっている、【ザ・相談】のタイトル案がちょっと皆さんから届いているので、それを紹介したいなと思います。

それではまず、京都のEさんからは、『お助けD-ROCK』(注:なぜか『』の部分は、エコーがかかった音声。笑)、『解決 D-ROCK』 そして、『D-ROCK カウンセリング』、この3つですね。これ結構ね、まあ、このEさんのこの3つを基準に、これからどんどん厳選していく感じがいいんじゃないかなって思っているんですが。

次、これ山口のYさん。『大知 窓口』と、『大知の駆け込み寺』。役所みたいですね。『大知 窓口』と『駆け込み寺』。 どーなんですかねー。まー、それだったら、オーソドックスな方がいいのかな・・・、って感じもしますねー。 ま、『駆け込み寺』・・・ そうですねー。ま、これはちょっと難しいかな・・・、って感じもしますね。

次、Rさん。『行列はできない情熱相談所』。 これ、でも、行列ができない場合は、(笑) 行列ができない場合は、【ザ・相談】のコーナーが危ないですからねー。行列ができないことには始まらないですからね。 これはちょっと看板としては立てにくいかもしれない・・・ですねー。

そしてこれ、Jさん。これ、最後。「 【ザ・相談】のままでいいと思います。」(笑)
これ、いろいろ考えたんですが、【ザ・相談】が一番いいんじゃねーかと。(笑)
こんだけみんなにね、考えさせといて、なんだおまえ、三浦!と(笑) みんななるかもしんないですけど、【ザ・相談】が一番わかりやすいんじゃないかということで、ま、今週の【ザ・相談】の正式タイトルは、【ザ・相談】にします。(笑)

ま、一応、(仮)ということで、しておくので、もし、「大知くん、これ、【ザ・相談】よりこっちの方が絶対いいよ!」と自信作がある方は、ぜひ送ってきてください。ま、とりあえず、このコーナーに関しては、【ザ・相談】で、これからやっていけたらいいかなーと思っています。
皆さん、ありがとうございます、いろいろ。

今週はね、こんなことを言いつつ、音楽的には Stevie Wonder の特集なので、テンション上げて2曲目は、この曲もですね、昔バンドレッスンの時にカバーしてたノリノリの曲です。それでは聞いて下さい。 Stevie Wonder で、「Sir Duke」 ~♪
Definitive Collection



ここからは皆さんからいただいたメールを紹介していきたいと思います。
まずは神戸のSさんから
「今日は仕事が休みで、美容院に行こうと思いつつ、メールを打っています。
携帯サイトの大知くんの日記を見ました。スタミナ丼の大盛り、すごい量でしたね!でも、美味しそうだと思いました。私はラーメンが好きで、全国をラーメン行脚に行きたいくらいです。大知くんは全国各地に食べに行きたい食べ物ってありますか?」

これ、スタミナ丼はね、ほんと美味しかったんですよ! スタッフの皆さんとお腹がへってしょうがないねって話をして、それじゃ大知くんに食べさせたいものがあるから、そこに行こう!って話で連れて行ってもらったんですけど、ここは本当にかなり庶民的な丼なんですけど、これがねスゴク美味しくて、自分で家でも作れそうなんだけど、作れないっていうね、豚肉をにんにくベースのしょう油ダレみたいなのにからめて、炒めてる感じなんですけど、そういうね、簡単な手法なんですけど、秘伝のたれがないと作れない味!っていうね。

あれはもうスゴク美味しかったですねー。他はねー、他にも、油そばっていうので、ものすごく美味しいお店があるらしくて、油そば自体を僕はあまり食べたことない。実は。それはまた今度スタッフの方に連れてってもらいたいと思っているし、あとは、これは行ったことのある場所なんですが、おもしろいなーって思ったのは、ロスにレッスンしに行ってた時にですね、ベジタリアンとかってお肉食べない人たちが結構多くて、その人たちのための中華料理屋さんっていうのがあって。

いろんなメニューがあって、豚肉とか、鶏肉のなんとか揚げとか、肉の名前は書いてあって、出てくるものにも入ってるんですよね、こうね、肉が。「あれ、ベジタリアンの店って聞いてたのに、肉が入ってるぞ」と思って、その連れて行ってくれた方に聞いたら、それが全部ゼラチンと寒天的なものといろんな物で作っている、肉。肉じゃないけど、味は肉なんですよ。

これはね、すごくおもしろかったんで、もしロスに旅行中に見かけたら、寄ってみるといいのではと思います。

そして次、群馬のMさんからいただきました。
「この時期は体調をくずしやすいですよね。真冬もそうですが、のどとか、すぐ痛くなってしまいます。すぐ耳鼻科に行ったり、部屋には加湿器をつけたりしていますが、大知くんとかボーカリストの方とか、のどや風邪対策にはどんなことをされていますか? やってることがあったら教えてください」

そうですね、でも、そんなに変わったことはしてないと思うんですよね。風邪対策で、体をあっためる、で、あっためると鼻とかも通ってくるので、体をあっためるという意味で、ショウガ紅茶、紅茶にショウガとハチミツを入れて飲んだりとか。

あとは、それがのどにイイのかはちょっとわかんないんですが、ホットレモンとかね、コンビニとかでも売ってるんですけど、そういうあったかいレモンの飲み物とか、ハチミツが入ってる物とかを意識的に取り入れるようにはしてるかもしれないですね。

あとはレコーディングの時に、お湯にそのままハチミツを入れて、それを混ぜて飲んだりはしてます。 美味しくないです。(笑)
美味しくないし、それがはたして、のどにイイかはちょっとわかんないんですけど、これは Folder 時代、僕がちっちゃかった時から、ずっとやってて、これはもう癖じゃないですけど、昔からやってますね。

それはレコーディングをしている時にそれを飲むと、のどが通った感じがするんですよね。身近では紅茶にハチミツ、ショウガで、のどが痛い時とか飲んでますね。
冬とか朝起きた時とか、体をあっためるのにいいかなって思います。


ということで、メールたくさん届いています。番組ホームページ宛にどんどん送ってきてください。

僕への質問、身近な話題、曲のリクエスト、【つつメール】、それに新コーナー、よろしくお願いします。

それでは3曲目、これもいつかライブでカバーしたいと思っていて、これからの季節にぴったりな、王道なバラードです。
Stevie Wonder で、「Overjoyed」 ~♪ 
Definitive Collection


最後に僕からのお知らせです。なんと次回ライブがしっかり決定しています。
ま、5月からD-ROCK JAM という形でライブをマンスリーということで続けてきたんですが、それのファイナルということで、12月17日(日)に、会場はでかくして渋谷AXでライブをすることが決定しました!

一般発売は11月19日(日)、この日曜日なので、皆さんぜひチケットを買って遊びにきてもらえると嬉しいなって思います。
本当にこの1年をしめくくる、かなり大掛かりというか、今までのライブの中でもビッグなパフォーマンスをみんなに見せれたらいいなって思っているので、ぜひぜひ足を運んでください!

ここまでのお相手は三浦大知でした。バイバイ☆

Repo by Ysan* Thanks!!
2006.11.15[Wed] Post 02:10  CO:0  TB:-  三浦大知@ラジオ  Top▲

D-ROCK STATION 第32回

どうも、三浦大知です。
さっそくメールをひとつ、ご紹介したいと思います。群馬のミエさんからいただきました。
「私は高校3年間、部活で弓道部をやっていました。見た目よりもとても筋肉がつく武道なので、二の腕がマッチョになります。友達は嫌がってますが、マッチョが私のプチ自慢です。大知くんは自分の体の中で自慢したいところはありますか?」

えーっとですね、俺自身はちょっとわかんないんですけど、みんなからよく指がきれいって言われるんですよ。なんかよく「女の子の手みたい」って言われて、あの、小学校の頃とかはイヤだったのを覚えています。なんとなく、恥ずかしいみたいな。

で、中学の時、部活でバレーやってた時に、たしかに他の人よりは指が長いって言われたし、今も言われますね。自慢というわけではないですが。
あとはやっぱり、神さまがくれたね、こうやって歌が歌えるノド? ノドについては感謝したいなって思うし、このノドを使ってもっと感動とか、幸せとかを伝えて、これからもどんどんどんどん歌い続けていきたいなって思っているので、三浦大知をよろしくお願いします。

では今日はこの曲からスタートしたいと思います。これは神戸のさえ3さんからリクエストいただきました。「NO LIMIT」 feat. 宇多丸  ~♪
No Limit



改めまして、三浦大知です。
さて今週はですね、ついにあの、D-ROCK と Justin の「勝手にコラボ」CDケースの当選者の方を発表したいと思います!! イェ―イ☆☆ (拍手)

あの、かなりたくさんの数を送っていただいて、皆さんありがとうございます。
そして、もう何通か選んだんですけど、こん中から当選者の方を選びたいと思います!

・・・ちょっと待ってくださいね・・・・ はいっ!! この方にしたいと思います!
「私は三浦さんみたいに歌って踊れるシンガーになるべく、日々頑張ってる中学1年生です。今は私がダンスレッスンの時に使っている、Michael Jackson の「BAD」を聞きつつ、メールしています。

コラボCDケース、めっちゃ欲しいです! 私の通ってるダンススクールでは、Justin の曲がよく使われているのですが、私は誰の曲かは知らずに、『おもしろい曲やなー』と思って聞いていました。そして、この前のJustin 特集の時に、『ああこれ、Justin の曲やったんやぁ』とわかり、歌声として改めて魅了されました。その Justin と、私がダンスや歌をやるきっかけをくれた憧れの、三浦大知さんのコラボCDケース、すっごい欲しいです!」

ということで、これはマリコさんからいただきました。このマリコさんにCDケース、プレゼントしたいと思いまーす!!! イェーイ☆☆(拍手)
いやー、おめでとうございます。

でもこうやってね、僕がきっかけでダンス始めてくれたり、僕の大好きな Justin を気に入ってくれたりね、生活の中のいろんなところで僕がきっかけになれているというのが、とても嬉しいので、マリコさんを当選者として選んだんですが、これからもたぶん、思いつきで好きなアーティストのCDケースとか何かのグッズとかにね、勝手にサインしたりとか、もしかしたら「勝手にコラボ」という新コーナーが(笑)、できるかもしんないので、これからもプレゼントとかリスナーの人たちとのやり取りの中で、この番組を大きくしていけたらと思っているので、これからもよろしくお願いします。

それでは、今週はですね、僕のライブの歌がない、ダンスだけのコーナーで使ってきた音源をかけていきたいと思います。それでは聞いて下さい、上妻宏光さんで「Beams」  ~♪
BEAMS~AGATSUMAII


ではここからは皆さんから届いたメールをどんどんご紹介していきたいと思います。
まず、コザラさんからいただきました。
「事務所で電話番をしつつ、メールしています。
運動会といえば、競技ではないんですが、うちの娘達が通っていた小学校では準備体操がラジオ体操でなく、『パラシューター体操』でした。

閉会式の前に全校生徒が運動場いっぱいに広がって、大知くんが歌う『パラシューター』に合わせて柔軟体操をするんです。高3の長女が5年生の時だから、もう7年くらいパラシューター体操続いているのかな。

800人近い小学生が秋空の下、大音響の『パラシューター』が響き渡る中、そろって体操するその姿は、なかなかの見ものですよ。大知くんファンの私にとっては至福の瞬間でした。」

これはもう、これで定着してるってことですもんね、「パラシューター」で。僕が Folder ってグループにいて、この曲がデビュー曲だったんですけど、この曲でずっと、もう7年くらい? やってるんですかねー。これは嬉しいですねー。こうやって生活に密着して、こういう行事もそうだけど、結構その、Folder の時の曲っていろんな種目の時に流してもらってるみたいなんで、これはスゴク嬉しいですね。これからもこれ、ずっと続くといいですね。ありがとうございます。

そして、福岡のマリリンさんからいただきました。
「我が家にはネコがいるんですが、うちのネコはパソコンの椅子がお気に入りで、いっつもそこで寝るんです。で、私がパソコン使う時にその椅子に座ろうとすると、いやーな顔をするんです。だから仕方なく、ネコをひざの上に抱っこしつつメールしています。

そのうちのネコ、朝ご飯を食べると外に出て行って何時間も帰ってきません。外で何をしているのかなって思っていたら、最近いろんな人から、『お宅のネコちゃんだったんですね』って声かけられることが多くなって、いろんなお宅におじゃましているようなんです。食事をもらったり、そこのお宅の犬と遊んだりしてるらしく、冷や汗が出ました。謝りまくりです。

皆さん動物好きで優しい方たちで少しホッとしました。そんな困ったネコちゃんですが、我が家にとってはだいじな家族の一員です。」

これスゴイですねー。こんなに出歩いて大丈夫なんですね。
僕は結構、動物については過保護にしちゃうタイプなんですよ。だから犬とかがだらしなくなっちゃうんですけど、メチャメチャ心配ですよね、何時間も家に帰ってこないと。ちゃんと帰ってくるから、えらいですよね。うちん家の犬は絶対帰ってこないですからねー。絶対行きっぱなしですからね。(笑) そんな気がするんです。

で、うちの犬もパソコンの椅子じゃないけど、玄関の玄関マットの上で寝ててですね、結構玄関から木漏れ日じゃないけど、ちょっと日が差してきて、それがあったかいみたいで、いつもそこで寝てますね。そういうちょっとした、ネコとか犬のペットがいつもする行動だったり、いっつもここで寝てるなーっていうのは見てて、愛らしいなというか、可愛いなーと思って僕もながめているんですが。
うちにはブルとリズムという2匹の犬がいるんですが、これからも大切に育てていきたいと思います。

そして、次は相談メールが来ています。山口のヒトミさんから。
「愛犬とたわむれつつ、聞いています。私はもうすぐ専門学校の入学試験があります。面接があるので、緊張です。私は緊張しそうな時は音楽を聞いて気持ちを落ち着かせるようにしているので、今回は大知くんの歌を聞いて頑張りたいと思います。

そこで質問なんですけど、大知くんが面接試験を受けるとしたら、どうやって緊張をほぐしていますか」

やー、たしかにヒトミさんみたいに音楽を聞いて気持ちを落ち着けたり、緊張してるとガチガチになっているだけじゃなくて、ちょっと「はぁぁぁー」みたいにテンション落ちてる時があるので、そういう時は僕自身も、いろんな音楽で自分を盛り上げたりして。そういう部分では音楽を使ってますね。

今回は僕の曲で緊張しないようにしてくれるということなので、また面接がどうだったかとか送ってきてほしいし、僕も応援してるので、もう自信を持って、「私は採用されます!」と思いながら、「入学できる!」って思いながらやったもの勝ち、気持ちの問題、気合だと思うので、ヒトミさんぜひぜひ頑張ってください!!

というわけで、他にもたくさん届いてるんですが、全部紹介できなくてごめんなさい。今後もメッセージたくさん受け付けております。僕への質問、曲のリクエスト、【つつメール】、新コーナー(注:先週の回をご覧ください)、たくさん募集しているので、どんどん送ってきてください!

それでは次の曲は、今でもダンスレッスンの時とかに、みんなでテンション高めるために、この曲流したりするんですけど、前、ダンスコーナーの一部としても使っていて、かなり盛り上がる曲なので聞いてください。Freestylers で、「PUSH UP」 ~♪
Push Up


ここまでのお相手は三浦大知でした。また来週、バイバイ☆

Repo by Ysan* Thanks!!
2006.11.08[Wed] Post 03:08  CO:0  TB:-  三浦大知@ラジオ  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。